三十代共働き夫のイチオシ!

三十代共働き夫カズヨシが、イチオシファッション・グルメ・家電・モノを紹介します。

ベランダの苔の掃除には熱湯とカビキラー!10分で簡単に取れました!

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、30代共働き夫のカズヨシです。

 

あまり活用してなかった我が家のベランダ。

気がついたらベランダ一面にうっすら緑色の苔(コケが!

 

1年以上放置してたので、ケルヒャーとか使わないと落ちないかも・・・

と心配しましたが、熱湯とカビキラーでごっそりと取れました!

 

さっそくやり方を説明していきますね。

 

掃除手順その1:まずは熱湯をかけて苔をはがす

 

電気ポットや鍋でお湯をわかします (1リットル×2回)。

ベランダにもっていって、そのままどばっとかけましょう

 

苔がはがれて浮いてきたら、掃除用ブラシ (100円ショップなどで購入)で

排水溝に向かってお湯ごと流すようにこすっていけばOK!

 

1リットル×2回の熱湯をかけるだけで、ベランダの床が元の色に戻りました。

次にカドの部分や、しつこく残った苔を掃除します。

 

掃除手順その2:カビキラーで残りの苔を除去!

 

熱湯でも落ち切らなかった部分の苔めがけて、

 

「カビキラーをシュシュッっとスプレー → 5分放置 → ブラシでこする」

 

これで私の場合はほぼキレイに取れました。

最後に床のコンクリート(アスファルト)部分に水を流して、排水したら完了です。

 

分かりやすいように、半分の面だけ掃除したAFTER写真がこちら。

 

f:id:tomobataraki-otto:20180312031213j:plain

 

違う角度からとった 写真がこちら。

掃除した左側とまだの右側で大違いですよね! 

f:id:tomobataraki-otto:20180312031525j:plain

 

万一、排水溝が流れにくくなった場合は、手袋をして苔を除去しましょう。 

 

上の写真ではまだ水が残っていますが、排水溝の苔をちょっととったら、無事ぜんぶ水が流れましたのでご安心を。

 

以上、10分程度で簡単にコケが取れました!

専用の洗剤なしでいけるもんですねー。 

 

外壁や広い庭の苔にはケルヒャーがオススメ

 

熱湯やカビキラーをかけようにも手が届かない外壁や、

ベランダと違い広くて時間のかかる庭の苔の場合は、ケルヒャーがおすすめです。

 

ブラシでこする手間もいらないので、手や腰が疲れないのがありがたい。。

 

まとめ

 

  • ベランダの苔の掃除はまずは熱湯2リットル→排水溝に流した後カビキラー!
  • 1年放置した苔も約10分で簡単に取れた (私のべランダでの場合)
  • 手が届かない外壁や、庭の苔の場合ケルヒャーが楽&時短!

 

以上です!

 

ではまた!