三十代共働き夫のイチオシ!

三十代共働き夫カズヨシが、イチオシファッション・グルメ・家電・モノを紹介します。

有休取得率ワースト企業ランキング!今は改善されてます!

スポンサーリンク

 

f:id:tomobataraki-otto:20180613174619p:plain

 

こんにちは。社会人歴約10年、30代共働き夫のカズヨシです。

 

好きな言葉は有休消化!

 

そんなあなたと私のために、有休取得率 (有給消化率) ワースト企業ランキングをまとめました!

働き方改革により現在はましになっているようです。。

 

有休取得率ワースト企業ランキング (2015年当時)

 

こちらの記事によりますと、

某小売り会社「〇○〇〇〇〇」がワースト1位でした。(2015年当時)

 

2015年に有給消化率が最も高かった会社、低かった会社は? - ライブドアニュース

 

ただ、転職クチコミサイトを見る限り、2018年現在は改善されているようです。

 

ホントにやばい会社は、こういうランキングにすら載らないですからねー。

有給取得率5%とかゼロの会社とか、まじで聞いたことあります。

 

有休がとりやすい企業は就職・転職エージェントが知ってます!

 

有休がとりやすい企業をもっと知りたい方は、

就職・転職エージェントの力を借りるのがオススメです! 

 

 

おまけ:有休と有給、どっちが正しい?→どっちも!

 

有給休暇を使用するときなど、書類の記入や会話などで、「有給」「有休」「年休」と様々な略称で表現しているのを見かけたり、耳にしたことがある人もいるかと思いますが、どの略称が正しいかご存知でしょうか。

実はどれも同じ年次有給休暇の略称で、これが正しいとはっきり決まっていません。

「有給」「有休」「年休」どっちが正しい有給休暇?

 

ご参考になれば幸いです。

 

ホント、男性も女性も有休を取るのがもっと当たり前になってほしい!

f:id:tomobataraki-otto:20180612172018p:plain 

以上です。

この記事も参考に、よい有給ライフ&就活・転職活動を!

www.tomobataraki-otto.com

   

ではまた!